FC2ブログ

中庸が大切!

 外国暮らしをしていると、日本社会の隅々に行き渡るきめ細やかなサービスを誇らしく思える時がある。家回りや機械の故障にはすぐに対応してくれる修理しかり、定時に運行してくれる公共交通機関しかり。数時間単位の時間指定で配達してくれる宅配便の存在をこちらの人々に話すと、決まって驚かれる。

 先日知人と地下鉄に乗ろうとしていた時の話。反対方面はスムーズに運行しているのに、私たちが目指す方面の電車は待てど暮らせどやって来ない。夕方のラッシュアワーなのに20分近く電車は来ず、プラットホームに徐々に人がたまってきた。人々がソワソワし出した頃、ようやくアナウンスが。何でも、沿線での事故で各駅停車しか止まらないこの駅には電車が止まらないので、最寄りの急行停車駅(いずれも歩けば30分以上かかる)から乗ってくれとのことだった。

 これが日本なら、乗客は激怒とまでいかずとも文句を言い、駅の係員たちは平謝りに謝りながら懇切丁寧に振り換え輸送の案内をするだろう。場合によっては、夜のニュースになってしまうぐらいだ。でも、ニューヨークではちょっと様子が違う。発狂寸前の乗客もいないことはないが、大半は「ああ、またか」といった具合に肩をすぼめて振り換えの切符をもらいに行く。それを渡す係員も「事故は俺(私)のせいではない」とばかりに、ぞんさいに切符をばらまく。私たちも、「しょうがないね」と切符を手に歩き出した。

 ニューヨークの地下鉄のいい加減さ、もっと言えばアメリカ社会のサービスの悪さには常々呆れさせられる。一方で、たった数分の遅れや小さな手違い・間違いをも許さない傾向にある私たち日本人の意識もいかがなものかと。両方ともあまりに極端すぎる。最寄りの別路線の駅に向かって歩きながら、私たちは「日本とアメリカの中間って感じのサービスってないものかね」と嘆いた。プロ意識に裏打ちされたしっかりとした仕事、そして私たちはそれを評価し、間違いには時として寛容になる-。双方のバランスがとれた中庸の大切さを思わずにはいられない。
 コロンビア大学ソーシャルエンタープライズプログラム(社会事業専修)の学生たちと一緒に、ニューイングランド地方の企業を訪ねる研修旅行に出かけた。ボストンのあるマサチューセッツ州とその周辺の地域は、豊かな自然環境に恵まれる一方で、ハーバード大学やMITなど高い水準を誇る高等教育機関が存在するお陰で意識の高い人々が多いとされる。そんなことも影響してか、自然素材を使ったナチュラルオーラルケア用 トムズ・オブ・メイン(本社メイン州ケンネバンク)やナチュラル洗剤・トイレタリー用品のセブンスジェネレーション(バーモント州バーリントン)など、環境保護や社会的責任を標榜する米国の代表的な企業の拠点が集中している。今回はその一つ、オーガニック乳製品のストーニーフィールド・ファーム(ニューハンプシャー州ロンドンデリー)を訪れた。

ストーニーフィールド


 ストーニーフィールドは売上高1億7400万ドル、ヨーグルトだけで言えば全米第3位のブランドを誇る。これだけなら単なる地方に拠点を置く大企業の1つにしか見えないが、同社の存在感はビジネス活動に伴う環境への負荷を抑えながら、得られた利益を使って社会的責任を果たすことを目指す様々な取り組みにある。例えば、

-農薬や化学肥料、成長ホルモン剤などを使っていないことを証明した米農務省の有機認証を得た製品が全体の約80%
-パッケージの軽減化 ヨーグルトの蓋をプラスチックからアルミ箔に変えたことで年間100万ドルを節約
-全米の自然エネルギープロジェクトへの投資を通じて、1996年に米国の製造業として初めて二酸化炭素(CO2)排出の相殺を達成。CO2相殺によって10年間で約170万ドルを節約
-”Profits for the Planets”プログラムでは毎年、税引き前利益の10%を環境・社会活動に携る非営利団体などに寄付
-子どもの健康・肥満問題解決への貢献策として、自社のオーガニック製品を積んだ自動販売機を各学校に1年間無償でリースする”Healthy Vending”の実験プログラムを実施中

 できるだけ利益を上げようとするビジネスにしてみれば、これらの取り組みはいずれも「余分な出費」を伴うものばかり。しかし、同社の創業者ゲーリー・ハーシュバーグCEOは「良いことにお金が使われることに対して、株主からの反対は全くない」と涼しげな顔で話す。

 ストーニーフィールドは2001年に仏食品大手ダノンの傘下に。その前年には、アイスクリーム大手ベン&ジェリーが英食品大手ユニリバーに買収された。当時、社会的責任ビジネスのパイオニアと言われてきたベン&ジェリーの衰退を思わせる数々のエピソード (社会責任ビジネスへの関心が全くないCEOがユニリバーから送りこまれたり、創業以来初めて大規模なレイオフが行われたり…)に接してきた世間からは「ストーニーフィールズも多国籍企業に魂を売ったのか」と揶揄されたものだった。しかし、ハーシュバーグCEOは「もしダノンがすべての製品をオーガニックに変えれば、オーガニックの耕作地が220万ヘクタール増え、これはアメリカの2001年のオーガニック耕作面積に相当するほどのインパクトだ!」と意に介す様子はない。そればかりか、最近には全ての素材がオーガニックというファーストフードレストランO’Naturalsの全国展開をスタートさせた。ストーニーフィールドがダノンによる買収後も「オーガニックを通じて地球環境を救う」という社会的使命を維持し続けられているのは、大志を抱く理想主義者でありながら実に冷静なリアリストでもあるハーシュバーグCEOのキャラクターに依るところが大きいと感じた。

 ベン&ジェリー創業者のベン・コーヘンは、ユニリバーによる買収から2年後「ベン&ジェリーの魂だったものの多くがもはや存在しなくなってしまった」と嘆いた。ダノンは2016年にストーニーフィールドを完全買収することができる。その時、60歳を超えることになるハーシュバーグCEOは引退しているかもしれない。ストーニーフィールドを含む数々の今ある社会責任ビジネスが5年後10年後、果たしてベン&ジェリーの轍を踏まずに社会的理念を保ちながら生き続けられるのか-。興味は尽きない。
 先週末、まだ肌寒いニューヨークからもう常夏のようなニューオリンズに出かけてきた。ニューオリンズ初訪問の私は、スパイスの効いたケイジャン料理を堪能しながらジャズの調べに酔いしれる“異文化体験”を期待して出かけたのだが、滞在しているうちに「この街はどこかに似ている」と感じずにはいられなくなった。何とも言えない懐かしさを感じるこの街、実は私がこよなく愛する沖縄に良く似ているのだ。なぜかと言うと…。

ニューオリンズ


【食文化:げてもの&スパイシー】
 ニューオリンズは、カナダからのフランス系移民の子孫(ケイジャン)と西インド諸島や中南米を経て移住してきたフランス・スペイン系移民の子孫(クレオール)、そして先住民インディアンが暮らしてきた街。3つの文化が融合した不思議な魅力は、ケイジャン料理と呼ばれる地元料理に最も良く表れている。
 代表的なのが、ガンボと呼ばれるオクラの入ったトマトスープ。これにはだしも兼ねてカキやエビなどの魚介類も入っているのだが、ここに何とザリガニやワニの肉も入ることがある!でも、心配することなかれ。沖縄で食べるイラブー(ウミヘビ)汁のように、意外にさっぱりとしていて美味しい。スープと言えば、タートル(亀)スープもあった。でも、これも大丈夫。臭みを消すために添えられているラム酒をかけて食べると、さらに美味しい。このほかにも、鶏肉だしとトマトソース味のジャンバラヤと呼ばれる炊き込みご飯や、豆のペーストがかかったご飯などがおなじみだ。
 これらのケイジャン料理に欠かせないのがスパイス。粉末やペーストの形で卓上に用意されていて、とにかく何にでもかける。沖縄そばのお供、こーれーぐーす(唐辛子を泡盛にひたしたもの)みたいに。さらに、デザートにはベニエと呼ばれる粉砂糖がかかった揚げドーナツがある。さながら、ニューオリンズ版「さーたーあんだぎー」。ニューオリンズと沖縄、結構似てないだろうか。

【自然:恵みの湿地】
 ニューオリンズの中心から車で1時間ほど走ると、ミシシッピ川河口の広大な湿地帯にたどり着く。ケイジャン料理に欠かせない魚介類が採れる恵みの地でもあるこの一帯をボートに乗りながらめぐるswamp tourは、ニューオリンズ観光のハイライトの一つだ。湿地帯の奥深くまで分け入りながら、カヌーを必死で漕ぎながら巡った西表島のマングローブの森を思い出さずにはいられなかった。
 この一帯も西表島同様、エンジン音を轟かせる大型ボートのツアーによる環境への影響を考慮してか、手漕ぎボートで行くエコツアーと銘打ったツアーが沢山あった。

【言葉:見直される?方言】
 私たちが参加したswamp tourガイドのノラさん(53)は、この一帯で生まれ育ったケイジャン。祖父母はケイジャンフレンチしか話さず、両親は英語と両方を話すが、彼の世代になるとほとんどケイジャンフレンチを話すことができないという。それもそのはず。ケイジャンフレンチは長い間、学校で教えられることが禁じられていた。しかし、90年代前半にケイジャンフレンチ・英語辞典が地元の牧師の手で初めて編纂され、現在では学校でケイジャンフレンチの授業が行われている。一時は話すことが恥ずべきこととされた方言が見直されているのも、沖縄の状況に良く似ている。

 とまあ、こんな具合だ。ケイジャン、クレオール、インディアンの文化が溶け合うチャンプルーな魅力満点のニューオリンズ。沖縄好きの方には、特におすすめです!機会があったら、私もぜひもう一度訪れてみたい。
 今日は春の訪れを告げるイースター(復活祭)の日曜日。ドイツでは日曜日にお店が閉まってしまうが、こちらに来てからは日曜日を食料品の買い出し日に充てている。ミュンヘンでの習慣を引きずって、ニューヨークに来てからもだいたいオーガニック店で買い物をしている私。今日は、ニューヨークのオーガニックスポットをご紹介しましょう。

グリーンマーケット 
 ニューヨーク市近郊の農家が、収穫したての野菜や果物などを売りに来るファーマーズマーケット。決まった曜日にマンハッタン内の各地でオープンしている。最も規模が大きくて有名なのが、ユニオンスクエアのグリーンマーケット(写真)。ここは、年間を通して毎週月、水、金、土曜日の午前8時から午後6時ごろまでオープンしている。
 各農家のテントには畑の場所や栽培方法(オーガニックかどうかなど)が記されたサインが張られているので、これを見ればオーガニックかどうか判断できる。マンハッタンにあるオーガニックレストランには、ここで調達した食材を使っていることを売りにするところも多い。品質の良さはもちろんだが、環境への負荷を抑えた農法で頑張る小規模農家を応援できるという点で、ニューヨーカーたちに愛されている。

green market


ホールフーズマーケット
 お次はおなじみの米国最大手のオーガニックスーパーチェーン。マンハッタンだけで3ヵ所もある。毎週日曜日、私は恒例行事のようにコロンバスサークル店で買い物をしている。品揃え豊富でデリカテッセンの味もなかなかとあって、観光客らしき日本人の姿をよく見かける。個人的には、イートインもできる鮨コーナーにある「鰻・アボガド玄米鮨」がお気に入りだ。
 色々な面でレベルの高い(値段も高い!)お店なのだが、唯一私が気に入らないのは、オーガニックスーパーとうたっておきながらコンベンショナル(通常の方法で栽培されているもの)も売っていること。大衆受けを狙うには仕方のない作戦なのかもしれないが、ミュンヘンでいつもお世話になっていたオーガニックスーパーのベーシックと比べると「これはオーガニックスーパーとは言えない!」とつい思ってしまう。そういえば、ベーシックの社長は創業前に世界じゅうのオーガニックスーパーを回り歩き、もちろんホールフーズにも“偵察”に行ったそうだ。今のベーシックを見ると「社長はホールフーズのような店にはしたくなかったんだろうな…」と、妙に納得がいく。

ウェスタリー・ナチュラルマーケット
 8th Ave.とWest 54thが交差する場所にあり、ここはホールフーズと違って正真正銘のオーガニックスーパーマーケットと言っていいだろう。私はほとんど利用しないのだが、ビタミン剤や健康食品類が充実しているので、場所柄もあってか体が資本のブロードウェイダンサーたちにも人気があるそうだ。家の近所にあってくれればいいのに、ちょっと残念。

オーガニック・フォーエバー
と思っていたら、家の近所に当たる8th Ave.(111th and 112th St.)に似たようなオーガニックスーパーがオープンしてくれた。この辺りはハーレムに当たるエリア。ハーレムで生活する人たちの所得水準が確実に上がっていることを伺わせる。

アーミッシュ 
アーミッシュの人たちがよく食べる素朴なレシピが楽しめるデリ形式のスーパーマーケット。薄味の総菜や甘さを抑えたデザート類は日本人の口に合うので、近所にあれば大いに利用したいところだが、あいにくちょっと離れているので最近は行っていない。アーミッシュの食材は必ずしもオーガニックではないというのは、アーミッシュコミュニティで考える「本当に必要なもの」でも書いたが、お店はヘルシー志向でちょっぴり高級な惣菜店といった感じなので、もちろんオーガニックな食材もかなり置いてある。

パークスロープ・フードコープ
ニューヨーク大学でフードマネジメントを勉強している知人が利用し、そして働いてもいるという、ブルックリンにあるオーガニックスーパー(写真)。組合員になると決まった日に働かなくてはならないのだが、その代わりに普通のスーパーでオーガニックではない食品を買うよりも非常に安い値段でオーガニック食品が買える。日本にも生協は津々浦々あるけれど、パークスロープのようなシステムの生協がないのはどうしてだろうかと、ふと考えてしまった。

parkslope



さて、オーガニックは何も人間のためだけのものではありません。ホールフーズなどに行くと、オーガニックのペットフードなんていうものも売っています。

KARMA ドッグフード 2kg【快適ペット生活『アイ・ペット・ライフ』】米オーガニック認証付きドッグフード

老若男女、そして犬猫にまでオーガニックブームは広がっているんですね。


  今学期は、地球環境や従業員の労働条件への配慮といった社会的責任を果たしつつ利益を上げることを重視し始めたグローバル企業の動向を学ぶ「Business in Society」という授業と、ビジネス的手法を用いながら世界や地域の課題を解決しようと挑む非営利団体が台頭する現状や直面する課題などを学ぶ「Social Entrepreneur」という授業を聴講している。先日、後者の授業の“課外学習”ということで、ニューヨーク州とその周辺計7カ所で20年弱にわたってホームレスの自立支援に取り組んでいることで定評のある非営利 Doe Fundのハーレムにある施設を訪れた。

 *先学期の授業とニューヨーク市のホームレス問題に関しては、以下の過去ログにあります。
トレンドはあなたの友
レストラン天国のもうひとつの顔

Doe Fund



 Doe Fundは、ホームレス問題の解決を公約に掲げて市議会議員に立候補しようとしていたビジネスマンだったジョージ・マクドナルド氏が、手伝っていた炊き出しで知り合ったホームレスの女性が何の医療支援も得られないままグランドセントラル駅構内で死んでいたのにショックを受け、立候補をやめて自ら設立した組織だ。食事と住居というホームレスの人たちの一時的なニーズを満たすシェルターを運営するだけでなく、アルコール・薬物中毒でない人たちを選んで彼らが経済的に自立できるようにするための職業訓練プログラムもセットで実施している点が、シェルター運営一辺倒な行政や職業訓練プログラムのみ実施している他のホームレス自立支援組織とは大きく異なる。Doe Fund自身も、この点がホームレス問題解決に最も効果的な手法だという自負を持って活動している。

 1年半に及ぶ訓練期間中、訓練生たちは路上の清掃・美化や企業のダイレクトメール発送、市内の害虫駆除といったビジネスを行うDoe Fund設立の会社組織に勤務しながら収入を得て、その中から家賃を支払い貯金もしながら暮らす。路上の清掃・美化サービスはマンハッタンの至るところで行われているので、ニューヨークに滞在すればDoe Fund特製の青色のユニフォームを着て一生懸命仕事をしている訓練生たちに出会えるはずだ。こうして訓練を無事に修了した人たちのうち、半数余がDoe Fund内部や外部で仕事を得て自立していくという。

 マクドナルド氏らから一通りの説明を受けてハーレムの施設内を見学している途中、訓練プログラムを修了して現在はDoe Fundで施設内ガードマンとして勤務している40代ぐらいの元ホームレスの男性に出会った。彼は私たち一行の前で、自分は2歳の頃からシェルターを転々としていたこと、Doe Fundの施設にたどり着き訓練を受けたことで生まれて初めて生きる目的を与えられたこと、そんなDoe Fundは私にとって神も同然の素晴らしい存在だ、などと語ってくれた。

 別れ際に「今の仕事はどう?」と私たちが聞くと、彼は笑顔で“I love being expert!”と答えてくれた。エキスパートとして生きる喜び-。働きながら収入を得て貯金するという人間としてのささやかな営みすらも許されなかった境遇にいた彼の一言は、忙しい日々の中でつい忘れがちになるささやかな日常の尊さと有難さを思い起こさせてくれる。ちょっとハッとさせられた瞬間だった。

Powered by FC2 Blog